« 最高の景色 原付伊豆大島一周の旅 FINAL | トップページ | 密着!歩き人ふみ&あゆみの一日 »

2010.06.20

歩き人ふみ&あゆみに会いに行った!!

Rimg0075

歩き人ふみ&あゆみさんに会いに、三重県尾鷲に行ってきた!

大きな地図で見る

歩き人ふみさんはその名のとおり、歩いて日本縦断の旅をしている方である。
2005年に北海道をスタートし、なんと6年目である(歩いていない時間が長いから・・・?笑)。
3年前からは彼女のあゆみさんと一緒に旅をしている。
なんちゅーうらやましいカップル!

 

ふみさんとは、2004年にオーストラリアで出会った。
私は自転車、彼は歩きでオーストラリアを縦断していたのだ。

Rimg0798

こんな路上で偶然に出会ったら劇的、なんだけど、実はKatherine(キャサリン、カサリン等とよむ)という町

Rimg0098

の安宿Coco's(ココは庭にテントを張らせてくれるので、ライダーやチャリダーが集まるのだ)

Rimg0099

で、数ヶ月前にふみさんが残した旅人ノートを見て、
「この人には絶対に会わないかんっ!!!」
と思って、メールで連絡を取って、こんな景色の中1200km先のAlice Springsの町まで「追っかけ」をしたのである。

それでも、携帯持ってないし、「アリススプリングスのどこかにいる」ということしかわからなかったので、結構大変だったんだけど。

  

 

Rimg0080

Rimg0052

尾鷲では、彼らは「大同楽座」という、廃屋を再生した古民家にお世話になっていて、私もそこに居候させてもらう。

「大同楽座」は、尾鷲市議の端無(ハナシ)さんという方のNPOが運営していて、他にもカフェやイベントスペース経営をされているのだ。
”Cafe CReAM”

「町づくり」という言葉はよく聞くけど、具体的な形に接するのは初めてで、非常に感銘を受けた。同時にその難しさも(議員報酬はすべて運営費用にしているそうだ。それでもお金が足りず、大同楽座は今後の維持が難しいという)。

大同楽座は、町の景観を守るだけでなく、尾鷲内外の人をつなぐ場所だった。
自分は一方的にお世話になっただけで、何も貢献してないから無責任なこといえないけど、そんな場所がなくなってしまうのはとても惜しいことだ。以前の様子を見てそのように感じた(くわしくはここ)。

(つづくよ!)

|

« 最高の景色 原付伊豆大島一周の旅 FINAL | トップページ | 密着!歩き人ふみ&あゆみの一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最高の景色 原付伊豆大島一周の旅 FINAL | トップページ | 密着!歩き人ふみ&あゆみの一日 »