« ストーブリーグ | トップページ | KyOTOSHI もよろしくおねがいします! »

2009.11.07

「熊を恐れつつも果敢に尻を消毒する」

(北海道チャリ旅2002)

北海道は温泉が多い。
私が旅をした2002年は特に冷夏で、温泉のありがたみを身をもって感じたものである。
ほとんど毎日温泉に入ったといっても過言ではない。
そのなかでも特に印象深かったものを紹介しよう。

 ー知床 カムイワッカ湯の滝ー
_____________________
カムイワッカの湯の滝に行く。沢の中に温泉が湧き出している、いわゆる有名スポットというやつである。
ここらへんはモロに熊の生息地域で、昨日会った人に「今日行ってきたけどバスから熊見えたよ」などとおどされてかなりびびっていた。がしかし、俺は行かなければならない。なぜなら、そこに温泉があるからだ(?)

816x

ここに行く道は夏休みはバス以外の車は通れない。入り口にゲートがあって、「一応遭難対策のために名前と連絡先を書いてください」と係りの人に言われ、ますますびびる。早朝でまだバスも走っていない時間だったので周りには誰もいない。砂利道のカーブを曲がるたびにびくびくする。周りも眼下も深い森、その向こうには海が見える。この視界のどこかには確実に熊がいるのだろう。

816_2

こんな道を走っていく。

1時間ほどで滝の入り口に到着。ここから沢を20分くらい登ると温泉が湧いている。貸しわらじ屋がいるが、もちろん借りず(お金かかるからね)タオルを足に巻いていたら、わらじを借りるお金が無いかわいそうな少年と思ったおばちゃんが「これ息子のやけど濡れとってもよかったら使いー。終わったら捨ててもええよ」と靴下をくれたので、ありがたく頂いてぺたぺた登っていく。そして滝到着。
ここで問題発生。

みんなパンツはいとる・・・!

僕は、温泉だからもちろんフリチンでよかろ、と思ってタオルだけ持ってやってきたのだ。換えパンなどあるはずも無い。ましてや若い女の子も(カップルだったけど)いるのだ。お粗末さまなのも・・・いやむしろ元気ビンビンになっても・・・少々不都合である。また、みんなパンツを履いて入っているところにフリチンで突入するのも、シャイな僕には少し遠慮したいところである。そこで、僕はトランクスで突入することにした。

816a

なんだかピリピリする・・・尻の穴がピリピリする!後に聞いた話では、この温泉はかなり強い酸性で、地元の人はわざわざ入りに来ないそうなのだ(貸しわらじ屋談)。このピリピリは温泉から出てもしばらく続いた。「ま、話の種に一回くらい行ってもいいかな」という程度である。尻の穴を消毒したい人にはオススメする。

___________________

ちなみに、知床が世界遺産に登録されたため、現在は湯の滝には入れないそうです。へぇー。
時の流れを感じます。

  

  

これで、いままでに書いてあった分はおしまいです。

また来年暇になったら、北海道の残りとオーストラリア編を書いていこうと思います。

それではしばしのお別れ。

(北海道チャリ旅2002)

|

« ストーブリーグ | トップページ | KyOTOSHI もよろしくおねがいします! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストーブリーグ | トップページ | KyOTOSHI もよろしくおねがいします! »