« 女を見ると食いたくなる。 | トップページ | ストーブリーグ »

2009.10.17

真夜中・・・

(北海道チャリ旅2002)

北海道は心霊スポットが多いといわれる。
開拓時代の過酷な労働環境や、強制連行といった歴史的背景もあるようだ。
なるほど、よく道端に、お地蔵さんが立っている。
それに、キャンプ場って、昔の飯場とか資材置き場の跡だったりすることも多いらしいよ。
○○○湖のキャンプ場はね・・・

 

という話を、ライダーハウスでいやというほど聞かされた。
夜トイレ行けんくなるからマジでやめてくれ!

そんなある日。8月なのに、そのキャンプ場には人っ子一人いない。不気味だ。夕暮れで薄暗くなり、霧が出てくる。夕闇迫る、人家から離れただだっ広いキャンプ場に一人で泊まる怖さが想像できるだろうか。
電気がつかない真っ暗なトイレなど怖くて行けず、しっかりとテントのジッパーを閉める。風がトイレのドアをバタン、バタンと叩く音にもびくびくする。無理やり寝ようとしても目が冴えて眠れない。

そのうち、

テントの周りを、かさっ、かさっと、草を踏む音が・・・
 
  
  

   
 
したら怖ぇ~!!とか考えたらますます眠れなくなって、外の音が気になって、でも人里離れたキャンプ場だからどうしようもなくて、ほとんど一睡もできずに、夜明けとともにダッシュで撤収したのだった。

・・・やはり小心者には一人旅はオススメできないのかもね・・・。

自分はあまり霊感とかは無いほうだと思う。
ビビリだから、あまりそういうところに近づかないかだけかもしれないが。

怖いと思うから怖くなるのかもしれない。
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とも言うし。
 
  

 

 

と思ってたんだけど。
 
ところが5年後、私はタイで本物の心霊体験をすることになる・・・(この話はいずれ)。

(北海道チャリ旅2002)

|

« 女を見ると食いたくなる。 | トップページ | ストーブリーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女を見ると食いたくなる。 | トップページ | ストーブリーグ »