« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.19

摩周湖を見ると、こうなるのよ…

まずは報告から。

司法試験落ちました。報告が遅れて誠に申し訳ありませぬ。

来年は必ずや合格する所存であります!

 

 

そして今、7年前の予言が、気になっている・・・。

 

............................................................................

 

(北海道チャリ旅2002)

さあ今日は、屈斜路湖から摩周湖を見に行った話をしよう!

例によって以前の日記からさっ!

________________
快晴だ。しかし、食糧の買い忘れ&手違いで昨日の晩手持ちの食料をすべて食ってしまったため、朝飯抜きという自転車にとっては自殺行為をしてしまった。

(注:その日キャンプしてた屈斜路湖のまわりには店がなかった)

ま、無いものは食えないので露天風呂に入る。入りながら日の出を眺める。この景色が朝飯代わりだ。

812a

 などといっても日の出が食えるわけでも無く空腹でほうほうの体で20kmほど先の弟子屈の町のセイコマにたどり着く。日替わり弁当やパンなど大量に買い、がつがつと喰らう。余談だが、セイコマの日替わり弁当というのは、400円で1000kcal超という、チャリダーにとってかなりありがたい効率食である。ダイエット中の人は間違っても食べてはいけない。

ここで出会ったおじさんの、「摩周すごいきれいだったよ。あんなに見える日は珍しいねえ。」という言葉で、摩周湖を目指す。ここから10km弱、標高差300m強くらいか。最初は緩やかな登りだが、次第に傾斜もきつくなり、軽いギアでも休み休みになってしまう。とにかく天気が変わりやすい、10分前は快晴だったのにもう真っ白、みたいな話を聞いていたのであせるが、なかなか進まない。結局1時間近くかかってしまう。しかも、展望台には観光客がわんさか。完全に場違いな人になってしまい非常に機嫌を損ねる。景色は完璧だ。確かにきれいだ。でもさ、見えちゃったら別に芦ノ湖とも変わんないって。湖ってことは一緒じゃん、という気分になってしまう。ま、そんなもんだろな。

812c

ちなみに、摩周湖を見ると出世が遅れるとか婚期が遅れるとかいう、見れなかった人の負け惜しみであることが見え見えの伝説があるが、まあ、見れないほうが幻想を抱き続けられて幸せかもよ、と、あっけなく見てしまった私は語る。「本当に大切なものは、目に見えないんだよ」なんてのもあったな。

.........................................................

・・・26歳無職・・・彼女なし・・・司法試験不合格・・・
7年後の真実・・・。

 

でもすごくきれいな湖でした。
出世/結婚/合格等関心ない方にはおすすめです。
将来ちゃんと就職したい学生の方は避けたほうがよろしいでしょう。

でも「出世しない」とはいってないもんね!遅れるだけだもんね!

(北海道チャリ旅2002)

| | コメント (0)

2009.09.04

さるふつ事件

(北海道チャリ旅2002)

807j

さて、猿払事件、という超重要な判例がある。

ある夏の昼の日、「道の駅さるふつ公園」のレストランで、ホタテ定食かなんかのご飯を大盛りで頼んだにもかかわらず、並盛で出てきた、というものである。

違うか。

昭和42年、猿払村の郵便局員が、非番のときに社会党の選挙ポスターを貼って起訴された。
国家公務員法は政治的行為を禁止しているためである。
それは表現の自由を保障する憲法21条に反し違憲なのではないか?ということが争われた。

でもそれは別にここではどーでもよくて、
猿払村はこんなところだよーん、というのが言いたいだけー

807i

ちなみに、もちろんご飯は大盛りをもらいました。

そして、この日はなんと枝幸町の体育館に泊めていただいちゃったのだ。

807c

枝幸にはライダーハウスもキャンプ場もなく(当時)、夕暮れに行く当てもないチャリダー数人を、心優しい館長さんが体育館の遊戯室に泊めてくれたのだ。ちなみに次の日、当地では北島三郎コンサートが行われた。枝幸町に幸あれ。

(北海道チャリ旅)

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »