« ライダーハウス | トップページ | 2002年8月7日、僕は »

2009.08.21

再録 稚内の女の子の服装に関する諸考察

(北海道チャリ旅2002)

実はこの旅のことは、学生の頃大学のドメインで公開していた。
今までの斜体の文章は、当時のものを再利用した部分である。
でも、今の自分の感覚と合わないものもあるし、日記なのでつまらない日もある。だから、大体はあらためて書きなおすことにした。

当時公開していたものがどんなかんじだったのか、2002年8月6日の日記を見てみよう。

______

やはり雨。結構ざあざあ降っている。僕はそろそろ休もうと思っていたので別にいいのだが、テツさんは時間に限りがあるので進むかどうか迷っていた。でも停滞にした。二度寝する。シンさんは礼文島に行った。有名なユースホステル「桃岩荘」に行くらしい。桃岩荘はとにかく変わったユースホステルで、とにかく凄いらしい。僕は何が凄いのかは実はよく知らないのだが、行ったことがある人は「マジで凄い」、行ったことがない人は「マジで凄いらしい」と必ず言う、有名なユースなのだ。なんでも、酒無しなのにすごいテンションで大騒ぎするらしい。

雨がやんだので、テツさんと稚内探検に行く。寒い。こんなに寒い8月は初めてだ。寒い。しかし、地元の女の子の格好は様々だ(野郎は知らん)。フリースのジャケットを着てるような子がいると思えば、ノースリーブを着ている子もいる。8月であることから考えると後者が普通な格好だが、この気温(多分10℃チョイ)だと、ノースリーブは、ねえ。寒くないんだろうか。まあ僕らも上はゴアのジャケット(雨具)で下はハーフパンツという変な格好なのだが。

港には、ロシア文字の書いた船がいっぱい泊まっており、ロシア人がいっぱいいたりと、すこし肩身の狭い感じ。犬が怖い。町にはすぐ裏山が迫る。この裏山(市役所のすぐ裏)にはキャンプ場があったのだが、7月に熊が出てテントが襲われたらしく、閉鎖されているらしい。おそろしい。後はノシャップ岬にいったり、駅に行ったり、最北端100円ショップに行ったり。駅の横にあった店でカニ玉丼(めちゃうまい!甘い!)を食って帰る。日記には「飯食いついでにノシャップ」としか書いていなかったが、まーそんな感じ。

______
こんなものを世界に向けて発信していたのだ。
・・・別に今も変わんないか。

(北海道チャリ旅)

|

« ライダーハウス | トップページ | 2002年8月7日、僕は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ライダーハウス | トップページ | 2002年8月7日、僕は »