« 旅は人生であり人生は以下略 東北一人でどうでしょう vol.3 | トップページ | 悶絶ジェットコースター »

2009.07.24

ロンリーチャリダー初日は涙(修正版)

北海道チャリ旅シリーズ 再開!はなしは2002年に飛ぶ!)


より大きな地図で 北海道自転車旅 2002 β を表示

(これまでのあらすじ)
(北海道をチャリで一周しようとした俺は初日、最初の一時間で挫折しそうになった)

「寂しがりなのに、
俺はなんで一人で旅してるんだろう?」

進むことに決めたとはいえ、吹っ切れたとはとてもいえない。
不安と後悔でいっぱいだった。
初日に泊まった岩見沢のキャンプ場では、高校生らしき集団がバーベキューをしていて、一人寂しく惨めな気持ちになったことを覚えている。

もっとも今でも、旅のはじめはいつもこんな感じだ。
なんでこんな旅なんか始めてしまったんだろう、とうじうじしている。

当時と違うのは、旅のはじめなんてそんなもんだ、という慣れだろう。
諦めなければ必ずなにかいいことがある、っていうのがわかってきたから。
大変なのははじめだけ。どうせ喉もと過ぎればなんとやらだ。

でも、このときは、自分がどこまで行けるだろうなんて考えていなかった。どこで帰ろうかとかばかりを考えていた。
何も楽しいことなんて無かった。まったく自信が無かった。
大袈裟だけど、生きて帰れるんだろうか、とか思っていた。
 
それでも前に進んだのは、ここで逃げ帰ったらかっこわりい、という思いだけだった。
好きではじめたチャリの旅。
負け犬のまま終わっていいのかよ?
せめて宗谷岬までは行かなきゃ恥ずかしいだろうよ。

 
そうして3日目、海に出た。

北海道チャリ旅

|

« 旅は人生であり人生は以下略 東北一人でどうでしょう vol.3 | トップページ | 悶絶ジェットコースター »

コメント

プースケのブログ読むと自分も旅してる気になるね〜(^^)だから自転車うまく乗れないけど、なんかスイスイ乗れそうな錯覚に陥るsweat01
がんばれ若者!

投稿: たもぎ | 2009.07.27 00:14

東京にもチャリで来て!(むりか)
チャリいいですよね。飛ばしたいときは飛ばせるし、のんびりしたいときはのんびりできるし。

投稿: プゥ | 2007.06.24 14:30

2ヶ月前にチャリを購入した淳です。
ジョギングするより、手軽に長距離進めるので、結構楽しんでいます。

こぐ度に、仲良くなれている気がする。今度から島には必ず持っていくつもり。

いやー、自転車良い!!

投稿: 淳 | 2007.06.23 00:39

チャリダーデビューの日かぁ・・・。
うちは、その前年、小樽~札幌の白石区辺りまで走って、延々続く札幌市街地に嫌気が差し、やっぱり川の畔で、4tトラックの陰で、滅入ったまま休憩。
トラックの運転手のおじさんに見付かり、大学の話やら、関係無い事いろいろだべったかな(^^;)
なんとか札幌越えても、だらだらした坂が続くし、進みたいと、止めるべき?を、何度も悩みながら、進んだ。
・・・でも、その日の夕方、仕事後のおっちゃんが、アホな学生の行く手を心配し、車で1時間先まで、様子を見に来てくれた。で、「この距離走れたんやから、これからも行ける!」。
夕方の心細い時間の、あの励ましに、涙出そうになったの思い出す。
心細いけど、アホやるぞー!!って(^^ヾ(笑)

投稿: masumi | 2007.06.01 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅は人生であり人生は以下略 東北一人でどうでしょう vol.3 | トップページ | 悶絶ジェットコースター »