« ロンリーチャリダー初日は涙(修正版) | トップページ | 原野ガール »

2009.07.31

悶絶ジェットコースター

(北海道チャリ旅)

ここまで走ってきたのは、留萌までのたった200km足らず。でも、海を見たとき、少し頑張ってこれた気がした。

重い荷物を乗せた自転車に乗って、手のひらや腰や足や背中、体中が軋んで筋肉痛だったけど幸せだった。
ようやく自転車に乗ることに体が慣れてきたみたいだった。

海沿いの道は快適だった。アップダウンを除いては。

当時の日記から。
______________
留萌から稚内まで海岸沿いに北上するルートは、オロロンラインと呼ばれ、北海道に来るライダーにとっては欠かせないルートであるらしい。
たしかに、海はきれいだし、信号も全然ないし、飛ばしたら楽しそうなルートである(覆面パトカーにとっても欠かせない道である)。
苫前までは、割と平坦な道で、快調に飛ばす。ホント叫びたいくらいいい道。トライアスロンの練習中というロードレーサーの一団にも出会う。

803

右手は低い草の丘、左手はずっと青い海。しかし、そんな鼻歌まじりの道は、風力発電所の巨大プロペラ群の登場とともに人力ジェットコースターへと化した。updownである。それも半端じゃない。多分標高差はせいぜい50mくらいだとは思うが、坂の頂上から次の頂上がえんえんと見えるのである。景色いいし、これはバイクならめっちゃくちゃ楽しいだろうなあ・・・しかし、チャリにとっては悶絶ものである。
しかも、今日はめちゃくちゃ天気がよい。暑い。暑すぎる。さえぎるものの無い海沿いの道。「頼むから下るなー」という願いもむなしくゼイゼイハァハァ悶絶し続ける。この道はバイク乗りにはぜひともオススメしたいが、自転車の人は覚悟して行ってください。いいとこだけどねー。

805b

______________

でも、こんな景色なら許してしまう。
それに、しんどいからこそ、より印象に残るともいえる。
だからこそわざわざチャリで旅するんだろうし。

(北海道チャリ旅)

|

« ロンリーチャリダー初日は涙(修正版) | トップページ | 原野ガール »

コメント

おれも初山別の蛾にはやられた!おニューのテント!
そんなテントも今では穴だらけ(笑)

投稿: pu- | 2009.08.07 00:20

懐かしいね~!
初山別かな。うちは、あの辺、初の雨にはやられるし、ガには服にいっぱい卵産みつけられるし、慣れないうちで、景色とはうらはらに、泣きそうになった思い出もいろいろあるねぇ(^_^;)

投稿: masumi | 2009.08.02 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロンリーチャリダー初日は涙(修正版) | トップページ | 原野ガール »