« 北海道、オーストラリア、マレー半島旅行記 予告編!! | トップページ | 雪 »

2007.04.25

バイクの教習で人生を学ぶ

Srimg0019_1

二十歳のとき、バイクの免許を取りました。
きっかけは、自転車で北海道を旅してたとき、ライダーたちに「漕がなくても進むんだよ!」って言われたから(笑)

でも、運動神経のかなり鈍い僕なので苦労しました。教習を三回も延長してしまった。
二段階にあがっても、一本橋とスラロームがどうしても苦手で、教官に
「君やる気あんの?」
と怒られていました。

ここで口を酸っぱくして教えられたのが、バイクは視線の方向に進むってこと。
一本橋は、落ちないかな~と不安になって下を見ると、バランス崩して落ちる。
スラロームも、曲がれるかな~と近くを見てるとかえって曲がりきれない。

これって、たぶん人生もそうだ。
無理かもって悩んだって意味ない。
自分がほんとに行きたい方向だけ向いて、行けると信じて突き進むしかない。
それで駄目ならしょうがないわ。

そうやって思っていれば、案外うまく行けちゃう…んじゃないかなと思います。
そんな風に思えるようになっただけでも、怒られまくった甲斐があるってもんだね。

 

あー、またバイク乗りたくなってきたー!!

|

« 北海道、オーストラリア、マレー半島旅行記 予告編!! | トップページ | 雪 »

コメント

すぐそこの道を見て不安になるよりも、少し遠くでも、行きたい方向を見つめて、進むコト!!
・・・うちも、車の教習の時に、似たようなコメントもらったナ(^^)

投稿: ますみ | 2007.04.26 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道、オーストラリア、マレー半島旅行記 予告編!! | トップページ | 雪 »